dc42jkさんにお返事

選挙にいくらかかると批判する人いるが、どんなに遅くとも来年の12月には必ず衆議院選挙になっていたんだから、解散で余計にお金がかかるわけじゃないよ。つまり差額は0円。

 

http://b.hatena.ne.jp/entry/345113811/comment/dc42jk

というコメントをされていたので

[削除][編集]id:dc42jk少し長い期間あたりの選挙の回数で考えよう。どうせ払うんだから今すぐ来年の税金を払って(来年以降は1年ずつ繰り上げて)って言われても困るでしょ。

とコメントしたところ

id:inade9衆院選の回数;50年代4回、60年代4回、70年代3回、80年代3回、90年代3回、00年代4回、10年代3回目。いま解散しても標準的な回数ですが、なんの問題があります?/どうぞ説明を。 

http://b.hatena.ne.jp/entry/345133595/comment/dc42jk

私は、あまり説明のが上手ではないので伝わらないかもしれませんが、とりあえず書いてみます。

まずdc42jkさんの最初の投稿は完全に間違いです。ランニングコストの計算などをしていれば、よく出会うシチュエーションだと思います。

たとえば、4年に一度PCが壊れて10万円の予算で買い替えていたとします。そうすると毎年2万5千円つみたてていれば次のPCを買えるわけです。ただ、あるとき前回PCを購入して3年目に、どんなに遅くとも来年には必ずPC買い替えるのだから、今買っても余計にお金がかかるわけじゃないよ、と思ったとします。ただ、積み立ては7万5千円なので、翌年分の2万5千円を借金して買う必要があります。そうすると、次は5年間使用しないと借金を差し引いて積み立てが10万円になりません。でも、4年でPCが壊れたら次を買わないといけないわけです。

ちょっと視点を変えて3年で買い替える場合と4年で買い替える場合を10年間で比較すると、3年の場合は4台、4年の場合は3台購入することになります(最初の1台含む)。10年でかかる費用は1台分違ってくるわけです。

実際には会計は1年ごとに〆ることが多いので、1年あたりに直すといくら支出があるのかというのが使いやすい指標となります。そして、それを年間の税収なりで手当てすることになるわけです(年間の税収が多いほど納税者の負担は重くなります)。ざっくり衆院選の費用を600億とすると、任期満了で解散した場合が1年間あたり150億の負担となり、3年で解散した場合は年間200億となります(なお、id:dc42jkさんにカウントしていただいた頻度は2.9年程度なのでほぼこのくらいです)。

当然、納税者からすれば選挙費用をもって解散を非難するのは、あり得る立場です(小さい政府希望の人たちはそのはずです)。ただ、費用が掛かるという事は即悪というわけではありません。戦後、3年程度で解散を繰り返したことで、費用負担は増えていますが、それだけの費用をかけて民意を聞いてきたと評価することもできます。なので、ここからは価値観の問題です。

以上、id:dc42jkさんの最初の投稿は間違いです。2番目の投稿については、1番目の投稿を正当化するものではありませんが、だいたいこれまでの実績の平均的な解散間隔であれば費用負担をしてもよいのではないかというid:dc42jkさんの個人的な価値観は、それとして尊重されるべきと思います。

 

※9/22追記

説明感謝です。解散がある衆議院ではその説明は当てはまりません。過去のサイクルで3年程度とわかっているのですから想定外の出費とは言えないでしょう。過去のサイクルごと否定するなら何も言えませんが。

 コメントいただきありがとうございます。

まず一つ、自分でも調べてみてわかったことで「想定」という部分で細かい話なのですが、解散によって行われる総選挙の予算は、予備費から充当されます。

下記は平成24年度の予備費の内訳で、総選挙の費用が入っています(約700億)。

http://www.bb.mof.go.jp/server/2012/dlpdf/DL2012e1012.pdf

基本的に、国の予算はすべて国会(ひいては国民)の承認がなければ執行することができないことになっています。ただし、予備費については「想定外」の出費に対するため設けることができるとされています。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/keizai_prism/backnumber/h21pdf/20097202.pdf

予備費については、憲法第 87 条第1項で「予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基づいて予備費を設け、内閣の責任でこれを支出することができる。」と規定されている。 

また少々長いですが

ただし、予備費は歳出予算に計上されているものの、その具体的使途は予算の議決の段階では未確定であり、使用される段階で初めて使途が特定されるため、予算の議決時点では国会の最終的な承認を経たものとは言えない。この意味で、予備費制度は予算の事前議決の原則(憲法第 86 条)の例外である。このため、憲法は第 87 条第2項において、「すべて予備費の支出については、内閣は、事後に国会の承諾を得なければならない」と定め、事後の国会承諾を経て、初めて内閣の責任が解除されるものとし、予備費の支出に対し国会の統制が及ぶようにしている。
もっとも、この責任とは政治的責任を指し、法律上の責任を意味するものではなく、事後に国会の承諾が得られなかったとしても、既に行われた予備費の使用について、何ら法律上の効果を及ぼすものではない。ただし、予備費の使用について事後に承諾を得られなかった場合、内閣は選挙などを通じて政治的責任を追及される可能性はあろう。

というわけで、解散総選挙は当然に想定されるものでも事前に承認されたものでもないわけです、財政民主主義的に。そして、予備費の余りは通常補正予算に充当されるようですので、総選挙をした場合、直接的には補正予算で手当てされる何かが削られるという形で国民に負担が出ます。

それは置くとしても、前例がどうあろうと解散しないほうが費用負担が減ることには変わりがないとか、単純にこれまでの解散間隔をもって解散を肯定するには弱い(法律で定まっている任期の意義を失う。だからほかに理由付けが必要)とか、先に書いたように、id:dc42jkさん自身がこの解散間隔を妥当と思っているという以外の点は、筋の悪い主張と思います(「~である」から不用意に「~となるべき」を導き出す自然主義的誤謬のようにも見えます)。

 

e-Taxを使用しての感想

はてなブックマーク - 電子納税しやすく 国税庁、証明書や専用機器不要に :日本経済新聞

id:launcher ブコメで叩いている人 e-Tax 使ってなさそう。


上記のような指摘があったので、自分の経験を書いてみる。

なお、自分は余りITに詳しくないおっさんであり、その筋の悪さがそもそも問題である可能性はある。

1年目

今をさかのぼること5年以上前、もはや正確な年は覚えていない。OSはWinXPから7くらい。

e-Taxを使用する以前から確定申告はしていたので、税務署などでe-Taxの広告を見ることも多かった。税制上の優遇措置があるということもあり、使用してみようという気になった。当時、すでにネットショップなどは利用していたので、e-Taxも使えるだろうと思い上がっていた。若かった。

まず、マイナンバーカード(当時住基カードだったかもしれない)の電子証明とカードリーダーを手に入れなければならなかった。

とりあえず半休を取り区役所に出向いて電子証明を取ろうとした。が、区役所では取れず市役所であるとたらい回された。考えてみれば、国税のためのことで、わざわざ市が区役所にまで整備をする道理はないわけだと理解できるが、このくそ忙しい年度末にもう一度半休を取る必要があるとは、ふざけるな糞が死ね(以下FKSと略す)と思ったことは確かである。

その後は特に問題なく、市役所で手数料を払い3年分の証明を手に入れ、カードリーダーを購入した。カードリーダーの値段が、ちょうど税金の優遇措置の分とほぼ同額で闇を感じるが、結果として納税者の利便性と行政効率化につながるならと納得してみた。なおリーダーはとりあえず大企業なら安心だろうとNEC製を購入した(すでに廃棄したので形式不明)。

そして、いざ電子納税に取り掛かろうとしたが、まずサイトが滅茶苦茶わかりにくかった。通常、初めての人でも1本道で作業が完了するように作るのではないかと思っていたが、全くそうなっていなかった。

エラーが出るたびに入力内容を破棄して(何度、名前や住所を入力したことか)元に戻りサイト内をさまよい謎のソフトをインストールしてリーダーの検証をしたりブラウザ(当時インターネットエクスプローラー)の信頼済みサイトに登録したり、ものすごく時間を浪費した。謎の画像にリンクが張ってあったりして、ユーザーの忍耐を試す強い意志を感じた。なまじ、確定申告自体は理解していたので、作業が進まないストレスは大きなものがあった。FKS。

ようやくすべての入力を終え、いざデータを送信しようとしたらエラーが出た。FKS。エラーの内容などヘルプページがあったが、わかりにくい箇条書きでおまけに解決しなかった。FKS。コールセンターに電話しても、散々待たされた挙句、原因は不明のままだった。FKS。仕方がないので初めからやり直したら今度は送信できた。

次年度のための番号を控え、アンケートに問題点を懇切丁寧に記入した。

2年目

翌年も>e-Taxを使用した。

もう、電子証明もリーダーもあるので余裕と思ったら、甘かった。

まず、昨年取得した納税者番号のようなものを(textファイルでコピペして保存していた)打ち込んだがエラーになった。FKS。

そして、また一から入力を完了して送信しようとするとまたエラーになった。FKS。ただ、送信直前に入力データを保存するようになっていて、少しは進歩したのかと思った。

結局、OSのバージョンが変わったのにリーダーのドライバのバージョンが古いままだったのが原因らしかった(なんでもかんでもインストーラを保存して再利用しようとするおっさんの悪い癖)。そのため古いドライバをアンインストールしようとするが、エラーが出てうまくいかない。NECに電話するがアンインストールできないという。別にそれで困らないからとか、そういう問題じゃあないFKS。

PCに訳の分からないものを入れておきたくないので、回復機能でロールバックすることにした。「ユーザーのデータは保持されます」みたいな表示が出て無事終了したが、ふとデスクトップを見ると保存していたe-Taxの入力データが消えていた。どうも、わけのわからない拡張子がついていたので消されたらしい。FKS!FKS!

3年目

税務署で確定申告した。全てが滞りなく快適だった。

待ち時間は本を読んでいればよいし、面倒な入力はバイトの人がしてくれる。質問があれば税理士さんがすぐに答えてくれる。至れり尽くせりである。

結論

e-Tax人間性を破壊し、ヒトをマウス叩きつけマシーンに変えてしまう。おそろしいおそろしい。

買って良かったもの(20年前)

三洋の炊飯器(ECJ-ST3)。

20年前に3,000円ほどで購入した。特に何とも思わず使用してきたが、最近一桁お高い炊飯器を購入して炊いてみたところ、味は変わらず新しいものに比べ消費電力は半分という事実が発覚。実はすぐれものだった。

釜に入れっぱなしにしたご飯がカラフルになったり糸を引いたり、コンセントを入れ炊飯ボタンを忘れると保温になるため、ふやけた激マズ物体ができたりで苦楽を共にしてきたが、さすがに家電で20年経つと安全性が心配になるのでお役御免とした。

これまでの活躍に感謝。

f:id:inade9:20161211000540j:plain

f:id:inade9:20161211000600j:plain