『サブウェイ123激突』感想 (ネタバレ)

金融風刺として観てみると結構皮肉がきいている

この映画の封切りは2009年、ちょうど前年にリーマンショックがあり、どうも金融関係者は信用できない、という時流に乗った作品ともいえる。ただ、金融というか契約社会そのものを真正面から殴りに来ている感じがあり、話としてはわりと強引で粗が目立つ部分もあるけど、私には刺さる映画だった。

 

マーケットの魔術師』という本のシリーズがある。これは実在の金融トレーダーに取材した相場師列伝のようなもので、投資の勉強にはならないが、読んでいて面白い(お値段は結構高い)。(確か)その中で、ある債券トレーダーのインタビューが記憶に残っている。

Q:もし、取引相手が明らかに間違った価格を提示してきたらどうするか。A:自分に有利な価格ならもう一度値段を確認して取引する。

あからさまには書いてはいなかったけど、きちんと数字を確認した以上、フェアなトレードであり、それで相手が莫大な損失を出しても(場合によっては仕事を失っても)仕方がないと読めた。

そういう考え方を知ったうえでこの映画を見ると、犯人の行動が理解できる気がする。

フェアであるという狂気

この映画の主犯は極端にフェアな行動にこだわっている。

ただしそれは、「○○をしないと人質を殺す」と宣言してその通りに殺すというものであり、犯人の凶悪さ冷酷さの表れとして描かれているように見える。

だが、話が進むにつれ、犯人は別に人殺しが好きなわけではないということがわかる。最初に殺したのは犯人に内通した運転手であり、交渉役として巻き込まれる主人公は、汚職をしながら摘発を逃れている、あまり良くない人間である。しかし、善良で殺したくない人間であっても、フェアであるためには容赦なく撃つ。

犯行グループの仲間に対してもフェアである。『ダークナイト』のジョーカーなどとは違い、仲間を背中から撃ったりしないし、身代金はきっちり山分けして渡す。ただし、別れた後の逃走経路で警察が張ってそうな所は教えないし、自分の本当の目的も教えない。それは、仲間に才覚があれば逃げ切れるという意味でフェアであり、本心では仲間の身の安全など関心がないという意味で冷酷である。

そういった異常なフェアさへのこだわりは、犯人の来歴でも仄めかされる。犯人は、アンフェアであるとされるインサイダー取引(のはず)でそれまでのキャリアをすべて失い服役した金融マンである。そして、この犯罪を完全にフェアに行い、金オプション(劇中では先物となっていたかも)取引で巨額の利益を得る(金取引にインサイダー規制はない…はず)。

この犯人はフェアではあるけれど、善悪の基準が完全に狂っている。

しかし、狂っているのはこの犯人だけだろうか。

言葉巧みに勧められる契約書にサインしてしまったばかりに、財産を失い家を失う。契約書を読んでくださいといった以上、これはフェアな取引だからあなた死んでください。それはこの犯人とどれほどの差があるだろう。

手段と目的の倒錯

お金を得るのは幸せになるために手段であって、目的ではないはずだが…

これだけ先が読める頭の良い犯人なら、例え国外逃亡に成功しても自分の人生が終わっていることを理解しているはず。お金はあっても、これだけのテロを起こした以上、名を変え顔を変えこっそり逃げ回るしかないつまらない余生を送ることになる。

しかし、自分の力で市場に打ち勝ち大金を手にした瞬間、脳汁溢れるその瞬間がすべてとしたら。タクシーの中で口座残高を確認して奇声を発したその瞬間がすべてだとしたら。もう、そのあとは主人公に撃ち殺されることも大したことではないとしたら。

相場に勝てれば人生捨てても良いという極端さを、理解したくないと思いつつ理解できてしまうところが、私にとって面白かったもう一つの見どころだった。

本当に、切れのある悪役はよいものですね。

釧網線

復旧記念というには少し遅いけれど、2012年12月に乗った時の話。

 

出発は朝の釧路駅。まだ暗いです。網走から石北線を経由して、遠回りして札幌まで戻る予定。

f:id:inade9:20160925114459j:plain

朝の萱沼駅。観光地のロッジ風。

f:id:inade9:20160925114531j:plain

肉眼だとかなりきれいな夜明けだけど、まだコンデジには光が足りない。防風林の中の線路。台風では函館線などこの防風林が逆にあだになって被害が出たところもある。

f:id:inade9:20160925114731j:plain

標茶駅で列車交換のため停止。

f:id:inade9:20160925115426j:plain

夜が明けたのにもかかわらず、鉛のような空。

f:id:inade9:20160925115509j:plain

対向列車。こちらの行く手も空が暗い。

f:id:inade9:20160925115702j:plain

少し日が差した。写真には取れなかったけど、シカやキツネは、ガンガン横断する。見通しがきいて外敵の警戒をしやすいのだろうけど、いかんせん列車にひかれてしまう。

f:id:inade9:20160925115815j:plain

そうこうするうちに吹雪いてきた。

f:id:inade9:20160925120935j:plain

足跡も消えてしまった美留和駅。

f:id:inade9:20160925121110j:plain

すごく吹雪いている。

f:id:inade9:20160925121226j:plain

車内も人影まばら。

f:id:inade9:20160925121345j:plain

知床斜里駅では、いったん雪がやむものの…

f:id:inade9:20160925121439j:plain

やはり、行く手の空は暗い。

f:id:inade9:20160925121746j:plain

網走駅は猛吹雪でした。

f:id:inade9:20160925121958j:plain

石北線は朝から終日運休とのことで、10:01(当時)の快速しれとこで釧網線を折り返します。

f:id:inade9:20160925122218j:plain

戻ってきた知床斜里駅。

f:id:inade9:20160925122316j:plain

清里町駅はまた吹雪。

f:id:inade9:20160925122419j:plain

何とか逃げ切って釧路駅。この後、午後から釧網線も運休になったそうです。

f:id:inade9:20160925122529j:plain

おしまい

 

 

なぜ民間医療保険は公的医療保険より非効率なのか

こんな話題があったので、自分の知識をまとめておく。

fujipon.hatenablog.com

民間とお役所を比べると、どうしても競争のある民間の方が効率的になるのではと思ってしまうが、医療保険の分野についてはそうではない。なぜか。

1.利益をあげる必要がある

保険会社の利益の分、保険料が上がるか給付が貧弱になる。

保険会社には、もれなくバフェットさんがついていて、プールした保険料を運用して何倍にもするから必要ない、というのなら話は別だけど、実際にはそんなことは無く、大きな利益を狙えばリスクも大きくなって、失敗したら保険そのものが破たんしかねない。安定して運用するなら各種ヘッジ+α程度となり大きな利益は望めないので、いきおい保険料から利益を得ることになり、その分加入者からは非効率な保険となる。

2.競争にはコストがかかる

営業費用そのもの。

セールスレディーを山ほど雇っている大手生保はもとより、低コストという触れ込みのネット生保でも、宣伝しなければ加入者は増えない。競争にかかるコストにより非効率になる。

3.競争がスケールメリットを失わせる

「イチゴ摘み」ともいわれる。

※すみません間違えました。正しくは「さくらんぼ摘み (cherry picking) 」です。id:narwhalさんご指摘ありがとうございます。

例えば、非喫煙者のみが加入できる医療保険ができたとする。
誰でも入れる保険より、リスクの低い人だけだから保険料が安い。さすが民間、万歳万歳。
ただし、新しい保険のための営業費用や管理費用はかかるし、誰でも入れる保険よりスケールが小さくなるので安定して運用するためには安全マージンは多めに必要だから、多少保険料は割高になる。
そして、誰でも入れる保険は、加入者も非喫煙者の割合も減るので、値上げが必要になる。

熱心な保険会社は、さらに新しい商品を開発する。
非喫煙者で標準体重の人のみが入れる保険だ。さらにリスクの低い人だけだからさらに保険料が安い。さすが民間、万歳万歳。
ただし、新しい保険のための営業費用や管理費用はかかるし、さらにスケールが小さくなるから安定して運用するためには安全マージンは多めに必要で、多少保険料は割高になる。
そして、非喫煙者なら加入できる保険は、加入者も標準体重の人の割合も減るので、値上げが必要になる。



そして、非喫煙者で標準体重で女性で既婚で子持ちで運転免許非保持で親族にガンも糖尿病も精神疾患もなくゲノム解析で異常遺伝子がなく静岡県在住で世帯年収1000万以上で健康診断に問題がない30歳未満の人が入れる画期的な保険が開発されるかどうかはともかくとして、各社が腕によりをかけて新商品を開発するたびにコストは増え不安定な保険が乱立することになる。

結局、お金を集めて配るという根本については改善できず、全体のパイを細かく切り刻むことしかできないので、ひたすら効率が落ちることになる。

不健康な生活をする人を「罰する」方法としても、あまりにコストが高すぎる。

4.スケールが失われれば「仕入れ」が不利になる

現在の日本では、混合診療が認められていないので、保険診療と認められなければ、ほぼ病院で受けることができなくなる。
つまり公的保険が決めた価格が気に入らなくても、それを受け入れなければ日本市場を丸ごと失うことになる。価格の交渉力はとても高い。

それに対しスケールの小さい民間保険だったら、もはや製薬会社や病院に対し価格交渉力がないので、高額な保険給付をするか、あるいは給付自体を出し渋ることになる。

5.民間保険は破たんする

生命保険会社でもバブル崩壊で消えていった会社があるのを思い出してほしい。

競争の果てに、価格的に本当にお得な保険商品が出てくるかもしれない。

しかしそれは、お金さえ集めれば後のことはどうでもよいという、安定性を犠牲にした自転車操業でしかない。その保険が将来破たんするかどうかまで消費者に判断させて責任を押し付けるのは、あまりに酷だ。また、そうなると商品選択にかかるコストが非効率のもととなる。

さらに、破たんした保険の加入者を税金で救済するとなると、保険会社のモラルハザードが問題となるし、それならそもそも公的保険にしておいたほうが良い。

公的保険の破たんを心配して、よりシビアな破たんのリスクにさらされる民間保険を導入するというのは、不合理に過ぎる。

 

※9/26追記

あらかじめ書いておかなかったので誤解させてしまったかもしれませんが、この話は一般的な市場経済を否定するものではありません。市場があまり有効に機能しない特殊事例についての話です。そのため医療経済学という一分野まであります。(id:fujixeさんご指摘ありがとうございます)

※10/10追記

確かに競争には、営業費用を抑え、スケールを拡大し、仕入れをなるべく有利にするようなインセンティブが働きます。ただ、それはあくまでインセンティブであって、他の要素から実現できないこともあるのではないかというのがこの話です。

仕入れについていえば、治療に不可欠な薬などは非常に強い競争力を持つため価格設定の力関係は製薬企業側に大きく傾きます。安くしようというインセンティブはあっても腕力で負けてしまえば安くなりません。オプジーボなども、適用範囲が広がったという理由で薬価が値下げされますし、腕力の強さがものを言います。

もともとは、なんで自由競争しているアメリカの医療のコストパフォーマンスがこんなに悪いのか、というあたりから医療経済学が出てきています。(id:paravolaさんご指摘ありがとうございます)


以上