読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ民間医療保険は公的医療保険より非効率なのか

こんな話題があったので、自分の知識をまとめておく。

fujipon.hatenablog.com

民間とお役所を比べると、どうしても競争のある民間の方が効率的になるのではと思ってしまうが、医療保険の分野についてはそうではない。なぜか。

1.利益をあげる必要がある

保険会社の利益の分、保険料が上がるか給付が貧弱になる。

保険会社には、もれなくバフェットさんがついていて、プールした保険料を運用して何倍にもするから必要ない、というのなら話は別だけど、実際にはそんなことは無く、大きな利益を狙えばリスクも大きくなって、失敗したら保険そのものが破たんしかねない。安定して運用するなら各種ヘッジ+α程度となり大きな利益は望めないので、いきおい保険料から利益を得ることになり、その分加入者からは非効率な保険となる。

2.競争にはコストがかかる

営業費用そのもの。

セールスレディーを山ほど雇っている大手生保はもとより、低コストという触れ込みのネット生保でも、宣伝しなければ加入者は増えない。競争にかかるコストにより非効率になる。

3.競争がスケールメリットを失わせる

「イチゴ摘み」ともいわれる。

※すみません間違えました。正しくは「さくらんぼ摘み (cherry picking) 」です。id:narwhalさんご指摘ありがとうございます。

例えば、非喫煙者のみが加入できる医療保険ができたとする。
誰でも入れる保険より、リスクの低い人だけだから保険料が安い。さすが民間、万歳万歳。
ただし、新しい保険のための営業費用や管理費用はかかるし、誰でも入れる保険よりスケールが小さくなるので安定して運用するためには安全マージンは多めに必要だから、多少保険料は割高になる。
そして、誰でも入れる保険は、加入者も非喫煙者の割合も減るので、値上げが必要になる。

熱心な保険会社は、さらに新しい商品を開発する。
非喫煙者で標準体重の人のみが入れる保険だ。さらにリスクの低い人だけだからさらに保険料が安い。さすが民間、万歳万歳。
ただし、新しい保険のための営業費用や管理費用はかかるし、さらにスケールが小さくなるから安定して運用するためには安全マージンは多めに必要で、多少保険料は割高になる。
そして、非喫煙者なら加入できる保険は、加入者も標準体重の人の割合も減るので、値上げが必要になる。



そして、非喫煙者で標準体重で女性で既婚で子持ちで運転免許非保持で親族にガンも糖尿病も精神疾患もなくゲノム解析で異常遺伝子がなく静岡県在住で世帯年収1000万以上で健康診断に問題がない30歳未満の人が入れる画期的な保険が開発されるかどうかはともかくとして、各社が腕によりをかけて新商品を開発するたびにコストは増え不安定な保険が乱立することになる。

結局、お金を集めて配るという根本については改善できず、全体のパイを細かく切り刻むことしかできないので、ひたすら効率が落ちることになる。

不健康な生活をする人を「罰する」方法としても、あまりにコストが高すぎる。

4.スケールが失われれば「仕入れ」が不利になる

現在の日本では、混合診療が認められていないので、保険診療と認められなければ、ほぼ病院で受けることができなくなる。
つまり公的保険が決めた価格が気に入らなくても、それを受け入れなければ日本市場を丸ごと失うことになる。価格の交渉力はとても高い。

それに対しスケールの小さい民間保険だったら、もはや製薬会社や病院に対し価格交渉力がないので、高額な保険給付をするか、あるいは給付自体を出し渋ることになる。

5.民間保険は破たんする

生命保険会社でもバブル崩壊で消えていった会社があるのを思い出してほしい。

競争の果てに、価格的に本当にお得な保険商品が出てくるかもしれない。

しかしそれは、お金さえ集めれば後のことはどうでもよいという、安定性を犠牲にした自転車操業でしかない。その保険が将来破たんするかどうかまで消費者に判断させて責任を押し付けるのは、あまりに酷だ。また、そうなると商品選択にかかるコストが非効率のもととなる。

さらに、破たんした保険の加入者を税金で救済するとなると、保険会社のモラルハザードが問題となるし、それならそもそも公的保険にしておいたほうが良い。

公的保険の破たんを心配して、よりシビアな破たんのリスクにさらされる民間保険を導入するというのは、不合理に過ぎる。

 

※9/26追記

あらかじめ書いておかなかったので誤解させてしまったかもしれませんが、この話は一般的な市場経済を否定するものではありません。市場があまり有効に機能しない特殊事例についての話です。そのため医療経済学という一分野まであります。(id:fujixeさんご指摘ありがとうございます)

※10/10追記

確かに競争には、営業費用を抑え、スケールを拡大し、仕入れをなるべく有利にするようなインセンティブが働きます。ただ、それはあくまでインセンティブであって、他の要素から実現できないこともあるのではないかというのがこの話です。

仕入れについていえば、治療に不可欠な薬などは非常に強い競争力を持つため価格設定の力関係は製薬企業側に大きく傾きます。安くしようというインセンティブはあっても腕力で負けてしまえば安くなりません。オプジーボなども、適用範囲が広がったという理由で薬価が値下げされますし、腕力の強さがものを言います。

もともとは、なんで自由競争しているアメリカの医療のコストパフォーマンスがこんなに悪いのか、というあたりから医療経済学が出てきています。(id:paravolaさんご指摘ありがとうございます)


以上